高血圧と肥満の関係について

通常の体型の人と比較すると、肥満体型になっている人が高血圧になる確率は2倍から3倍ほど高くなるとされています。そして、肥満体型の人が原料をした場合、1sの原料で2mmHgも血圧を低下させることができるというデータだってあるのです。

 

このように考えると高血圧と肥満というのは、かなり関係が深いと考えることができます。肥満になってしまうと、体を巡る血液量も増えることになります。ですから、それだけ多くの血液を心臓は送らなくてはならないということになりますから、それだけ心臓に負担をかけることになります。

 

さらに、肥満の人は食事量が多いのですが、食事量が多くなるほど、塩分も摂取してしまっているということになります。そのため、血液中ナトリウム濃度も上昇してしまいますし、交感神経も活発に働くようになります。これも血圧が上昇してしまう原因になってしまうのです。

 

さらに、内臓脂肪が増えてしまい、インスリンが作用しにくくなってしまうと、ブドウ糖が代謝されにくくなり、高血圧の原因になってしまいます。

 

肥満体型で、なおかつ高血圧になってしまうと、糖尿病や通風、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化などの病気の発症リスクが高くなってしまいます。ですから、肥満体型を改善していき、高血圧の改善をしていかなくては、後々重篤な病気に発展してしまう可能性があるのです。改善には高血圧を下げるサプリがおすすめです!

 

高血圧は自覚症状がなかなかありません。ですから、普段から体重や血圧の数値を測定して、数値が高いのであればすぐにでも改善をしていくようにしたほうがいいのです。