ホエールウォッチングを体験した

ハワイへ旅行するのだったら日本ではできないことをしたい。そう思っている人は少なくないでしょう。ハワイではザトウクジラのホエール・ウォッチングを愉しむことができるのです。ちなみにザトウクジラのことをハワイ語ではコホラといいます。

 

ザトウクジラは12月〜5月の初旬という期間中に、ハワイにやってくることが知られています。これは繁殖の目的のためにハワイまでやってくるのです。ザトウクジラは12月〜5月の数が最も多くなるピークは1月〜4月の上旬だといわれています。

 

この時期には旅行者をふくめて多くの見物客がホエール・ウォッチングをするためにハワイを訪れるといわれています。年間を通じてハワイの海を訪れるザトウクジラはおよそ6000から8000頭ほどだといわれちえます。
ハワイ旅行でザトウクジラを見たいのであればホエール・ウォッチングのツアーを利用するのがいちばんです。

 

事前の取り決めというかルールがありまして、ザトウクジラの91メートル以内の距離にボートを近づけるのは禁止となっているのです。91メートルという距離は遠くのように感じますが、ザトウクジラの大きさもあいまってかなり近くに感じることができるはずです。

 

基本的には、ホエール・ウォッチングはどの島からでもできるようようになっています。が、強いて言うのであればマウイ島、モロカイ島、ラナイ島のあいだに存在するアウアウ海峡へ行くのがベストだといえます。というのも、アウアウ海峡はホエール・ウォッチングに対して安定感があるからです。

 

また、他の場所よりも見ずに透明感があるためにはっきりと見ることができるからです。ちなみにいうと、ザトウクジラが多く訪れるピークの時などは運がよければ海岸からもウォッチングができるときもあるのです。ザトウクジラは全滅危惧種にあたる希少な動物ですが、保護活動が盛んに行われているために現在は頭数も増えてきているようです。

 

ザトウクジラ自体の数が少なかったときに比較するなら、ハワイ旅行におけるホエール・ウォッチングというのはいまが旬というような言い方をすることができます。鯨にかんしては世界から白い目で見られることの多い日本人ですが、ホエール・ウォッチングくらいは好きにさせてもらいたいですよね。捕鯨、反捕鯨など色々な考え方があるわけですが、ここではそうした難しいことを抜きにして、愉しんでくださいね。